Yvonne Grünwald – AURATA

Aurata カバー〝Rise like a phoenix〟

Aurata カバー〝Blackbird〟(ビートルズ)

ドュオ:

Yvonne Grünwald (アコーディオン)

Teresa Hoerl (ヴォーカル/ソプラノ)

http://www.hoerl-teresa.com

 

Yvonne GrünwaldとTeresa Hoerl はベルリン音楽大学ハンス・アイスラーにて出会いました。

彼らは様々な形の音楽を一緒に演奏し、2010年から  “Les Accordés”としてのスタイルになり現在でも特別に発展された音楽、踊り、シャンソンレヴューを見ることができます。

彼らが若くYehudi Menuhin  “Live Music Now”(プライベート協会)の同僚として勉強していた間、彼らは自分達の音楽を身体障害者、年長者、貧困なエリアの子供達のような定期演奏会に出席することが許されない状況の地元の人々を感激されるために地域社会へ出かけて行きました。

それらの経験により二人がより近い友情の絆で結ばれ、マルチタレントが結合して強いパートナーシップとなりました。

Teresa Hoerl はDietrich Fischer-Dieskau , Julia Varady , Christophe Prégardien などを含む多くの有名な歌手のマスター生徒・ソプラノとして卒業しただけでなく、彼女は自作自演で演技や歌を歌いながらオリジナルミュージカルの舞台を手掛けています。

さらに、Teresaは多数のコンサート、多くのオペラプロダクションにて歌っています。 “Concert House Berlin ”  “Brandenburger Theater ”

“Margrave Opera House ”(バイロイト)

“Kleist Theater” (フランクフルト)

“Hebbel Theater”(ベルリン)

“Castle Rheinsberg”(室内歌劇場にて)

“Opera Brandenburg ”(室内歌劇場にて)

そして2012年彼女はダイレクターとクラシック歌手としてシアターアンサンブル  “Kokotterie”を設立しました。

彼女の 創作品 “Dangerous Liaisons”はポツダマープラッツのアダージョとシャルロッテンブルク宮殿にて上演されました。

彼女はバイロイトのスクールオーケストラにて何年もファーストバイオリニストでした、そして幼少時代からピアノレッスンを受けていました。

Teresaはハンス・アイスラー音楽大学Christiane Klonz の卒業にあたるピアノ試験を優秀な成績で終えました。

イボンヌ グリュンバルドは6歳の時にアコーディオンを習い始め、翌年にはドイツ青少年音楽コンクールにて優勝しました。

彼女はTeresaと同様にハンス・アイスラー音楽大学を卒業しました。

イボンヌは様々なプロジェクトと同様に映画やテレビのプロジェクトにも参加しました。

2009年ベルリンのコンサートハウスにて行われた、ヤング ヨーロッパ クラシック フェスティバルのオープニングにてソロで演奏しました。

2012年より世界クラスのアコーディオン奏者, フランス人講師Frederic Dechamps よりマスターコースを受講しています。

2014年 イボンヌはポップバンド“ELAIZA”のメンバーとして2014年ユーロビジョン・ソング・コンテスト 出場へのドイツ予選択にて

Unholy“Unheilig”のような選抜されたグループを突破して優勝しました。そしてグループはユーロビジョン・ソング・コンテスト 2014 コペンハーゲンのドイツ代表として出場しました。

同じ年にELAIZA  の シングル“Is it right”  がゴールドディスク獲得、そして定期的に全国、国際的なコンサートで演奏しています。

イボンヌ グリュンバルドがソプラノ テレサ ホールとデュオ“Aurata”を結成。クラシック音楽の新しい舞台プログラム、舞台演出を行っています。

イボンヌ グリュンバルドはメイン楽器のアコーディオン以外にもピアノ、ウクレレ、アコーディナのような様々な楽器も演奏し、そしてセコンドボイスとしても歌っています。

ディズニー映画 アナスタシアから – Once upon a december –

女性二人の舞台プログラム

Teresa HoerlとYvonne Grünwaldの各時代のアリアのクラシックコンサートと20世紀のシャンソンのコンサートは一貫してポジティブな評価を受けています。そのおかげでミュージシャンの二人はまったく新しいユニークな自身の舞台プログラム(ツー・ウーマン・ショー)を作ることを決めました。

そのプログラムをどの世代にも楽しんでもらうためにクラシック音楽を時事的な話題と彼らの新しいオリジナル曲とに繋げています。

またビデオや録音を載せているYouTubeチャンネルでは二人の活動を見ることができ、人々にプログラムを作り上げることに積極的に関わるチャンスを与えています。

(チャンネルの名前は:Duo aurata)