Yvonne Grünwald – ELAIZA

ファースト シングル〝自分自身との戦い〟

ダイレクトカッティング製作

トリオ:

Elzbieta (Ela) Steinmetz (リード ボーカル/ピアノ)

Yvonne Grünwald (アコーディオン/バックグラウンド ボーカル/鉄琴/ ウクレレ)

Natalie Plöger(コントラバス/E-バス/バックグラウンド ボーカル)

 

ELAIZAは三人構成のバンドで歌手・作曲家のElzbieta Steinmetz、彼女の歌はドイツ・ウクライナの生い立ちによる影響を得ています。彼らは特別なタイプの音楽を創作していて、近代的な民謡とも評することができます。

2013年の始めにバンドはMusicstarter/Heart of Berlinとレコード レーベル契約をしてValicon Entertainment GmbH & Co.KGによって制作されています。

2013年3月ELAIZAはコンサート後にEmil-Berliner-Studios でのアナログ レコードのダイレクトカッティングの依頼を受けました。

(バンド結成後3ヶ月にして!)

ダイレクトカッティングは音楽家達が継続して演奏している間 、生演奏録音の技術として直にアナログレコードへ記述されます。

この技術は音楽家達が完璧に演奏することが必要とされるために特別であり、最終製造では消して編集ができません。

このアナログアルバムは様々なウェブサイトから購入することが可能できます。

NDRデレビによるデンマークのための私達の歌

Youtubeコンペティション

2013年4月、彼らは世界フェスティバルの女性の中から最も近日活動したグループとして賞を得ました。

2013年の末に彼らはYoutube上で“Is it right”の歌で2000の他のグループに反して競争しました。

2014年ユーロビジョン ソング コンテストの予選を通るために、ワイルドカード スロットと呼ばれもので選ばれました。彼らは“デンマークのための私達の歌”という2014年2月27日のテレビ番組にて9つの他の若手アーティストと共に彼らの出演が可能となり、そしてテレビ視聴者の投票により優勝しました。

ARDのユーロビジョンソングコンテストへのプリセレクション

プリセレクション

ワイルドカードの優勝者として、

彼らは2014年3月14日のZDFテレビにてドイツポップ界の有名人7組に反しての優勝者を選ぶ電話投票にて何回ものラウンドを通り抜けて競争する機会を得ました。

ドイツ代表ELAIZA、 2014年コペンハーゲンでのユーロビジョンソングコンテスト

ユーロビジョンソングコンテスト

2014年5月10日 ELAIZAはユーロビジョン ソング コンテスト2014でドイツの代表者となりました。

ファーストアルバム〟Gallery〝

シングル“Is it right ”とアルバム“Gallery”は2014年にリリースされました。

同じ年にELAIZAのシングル“Is it right ”がドイツでゴールドディスクを達成しました。

セコンドアルバム〟Restless〝

2015年ELAIZAドイツツアーを行いました。彼らはセカンドアルバムを制作し、2016年にリリースする予定です。