Yvonne Grünwald –
LES ACCORDÉS

以下がクラシックプログラムの例です。

クラウディオ モンテヴェルディ ー   pur ti miro

ゲオルク フリードリヒ ヘンデル ー   ombra mai fu

トリオ

Yvonne Grünwald(アコーディオン)

Teresa Hoerl ( ヴォーカル/ソプラノ)

http://www.hoerl-teresa.com

Christophe Villa (ヴォーカル/カウンターテノール)

http://www.christophevilla.com

 

アンサンブルのレパートリーは素晴らしく多様性でオペラ・オペレッタのデュエットからのアリア、シャンソンスタイル、そしてアート・ソングなどを含んでいます。

多様な歌手の声とアコーディオンの

異なった音により、彼らは全ての音楽の時代を演奏することを可能にしています。

現在トリオはベルリンの至る場所で  “  大都市にいる三人”と呼ばれるシャンソン レヴューのプログラムを行っています。舞台はもとはドイツとフランスから来たシャンソンと歌詞を特徴としています。

ショーを見ると現在の背景と同様にエンターテイメントと活発的な踊りを期待することができます。

www.les-accordes.com

Yo me llamo Virginio” – Duett des Virginia (Christophe Villa) und der Visita (Teresa Hoerl) aus der Zarzuela “El Bateo” Federico Chueca (1846 – 1908):

La vie en rose” von Édith Piaf. (Gesang: Christophe Villa):

Mein kleiner grüner Kaktus” von den Comédian Harmonists. (Hauptgesang Christophe Villa, Herr Krause: Teresa Hoerl):