Yvonne Grünwald

履歴:

イボンヌグリュンバルドは6歳の時にアコーディオンを習い始め、翌年にはドイツ青少年音楽コンクールにて優勝する。

1999-2005 年の期間、彼女はザクセン アン ハルト 国立 アコーディオン アンサンブル メンバーで日本コンサートツアーにも参加した。

彼女はベルリン音楽大学、ハンス・ アイスラー を卒業して、
2008-2015年
yehudi menuhin (ユーディ・メニューイン )Life music now berlin e.v のサポートにより、スカラシップを得た。

イボンヌは様々なプロジェクトと同様に映画やテレビのプロジェクトにも参加した。

2009年ベルリンのコンサートハウスにて行われた、ヤング ヨーロッパ クラシック フェスティバルのオープニングにてソロで演奏した。

イボンヌ グリュンバルドはフランス −ドイツ アンサンブル  “Les Accordés”の設立メンバーで2010年に結成させれた。グループはソプラノ・カウンターテノ・そしてアコーディオンによって構成され、クラシックだけでなくシャンソンステージレヴューも行っている。

彼女は世界クラスのアコーディオン奏者のフランス人講師Frederic Deschamps とドイツ人講師Tobias Morgensternのマスターコースに参加した。

2013年  彼女はバンドELAIZAの持続的なメンバーになり、そしてHeart of Berlinとレコードレーベル契約した。

2014ユーロビジョンソングコンテスト ドイツ代表

2014年 ドイツ国立テレビ局の音楽コンテスト にて有名なドイツのポップグループ“Unheilig”のような選抜されたグループを突破して、テレビ視聴者の投票を通してバンドELAIZAが優勝した。ユーロビジョン・ソング・コンテスト デンマークにドイツ代表として出場。

同じ年にELAIZA  の シングル“Is it right”  がゴールドディスク獲得。

2015 年 ELAIZAドイツツアー、そして2枚目のアルバム製作。

イボンヌ グリュンバルドがソプラノ テレサ ホールと共にデュオ“Aurata”を結成。クラシック音楽の新しい舞台プログラム、作品・舞台演出を行っている。

イボンヌ グリュンバルドはメイン楽器のアコーディオン以外にもピアノ、ウクレレ、アコーディナのような様々な楽器も演奏し、そしてセコンドボイスとしても歌っている。

コンタクト
日本語